投資信託資産運用入門
投資信託で資産運用!

目論見書をチェックしよう

目論見書とは『もくろみしょ』と読み、投資信託の説明が書いてあります。
投資信託を購入する際には必ず目論見書をチェックしましょう。

目論見書をチェックといっても、何をどう見ていいのか分かりませんね。
全て読み込むのは難しくてもポイントだけはしっかり読んで、
これから自分が投資しようとしているものは、どのようなもの
なのかは把握しておくようにしましょう。

具体的に説明すると目論見書には『ファンドの概要』といって、
その投資信託について、まとめてある部分があります。
『ファンドの概要』や『基本情報一覧』などの表現で書かれているところを見てみましょう。

目論見書では
  • ファンドの投資対象
  • ファンドの特徴
  • ファンドの運用期間
  • ファンドにかかるコスト
  • ファンドのリスク
についてはきちんと把握しておきたいです。

そして、自分が投資しようとしている投資信託が
何に投資するのか?
どういった方針で運用していくのか?
ベンチマークは?
運用期間は?
信託報酬は?
値下がりリスクは?
     ・
     ・
     ・
     ・
というように順番に見ていきましょう。
自分がしっかり理解した上で投資をすることが大切です。

スポンサード リンク



投資信託資産運用入門-投資信託基礎講座へ戻る
スポンサード リンク
無断転載・無断複製厳禁   投資信託資産運用入門  サイトマップ