投資信託資産運用入門
投資信託で資産運用!

投資信託の仕組み

投資信託は証券会社や銀行などで取り扱っていますが、
証券会社や銀行が実際に運用やお金の管理を全て行っているわけではありません。

それでは投資信託の仕組みを見てみましょう。

投資信託の販売・運用・管理は別々の専門会社が役割分担しています。

まず、私たちが投資信託を購入する窓口となる証券会社や銀行などは販売会社といいます。ここでは、商品の説明、投資信託の購入や解約の手続き、分配金の受け取りの手続きなどをしてくれます。


私たちから集めたお金を実際に運用するのが、運用会社です。
ファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロが運用を行います。
また、目論見書や運用報告書の作成などを行うのも運用会社になります。

そしてお金を管理し、運用会社の指示に従って実際に株式や債券を取引したり、管理・保管したりするのが管理会社です。

以上のように、販売会社、運用会社、管理会社の3つが役割分担するという仕組みで投資信託は成り立っています。

スポンサード リンク



投資信託資産運用入門-投資信託基礎講座へ戻る
スポンサード リンク
無断転載・無断複製厳禁   投資信託資産運用入門  サイトマップ