投資信託資産運用入門
投資信託で資産運用!

指数を買う!インデックスファンド

ファンドマネージャーがベンチマーク以上の運用を目指すアクティブファンドに対し、ベンチマークとした指数に連動するように運用するものをインデックスファンドです。

日経平均をベンチマークとしているインデックスファンドの場合、
日経平均が上昇すれば、ファンドも値上がりし、
日経平均が下落すれば、ファンドも値下がりするといった、
非常にわかりやすい動きをするのが特徴です。

また、アクティブファンドに比べて手数料などのコストが安いのも特徴です。

ファンドの例
インデックスファンド225
追加型株式投資信託・インデックス型(日経225連動型)
ファンドの特色
日経平均225種に連動することを目指し、株式の実質組入比率を高く保って運用するファンド。
販売手数料
2.1%を上限として販売会社が定める手数料率 ※1
信託報酬
年0.546%

※1カブドットコム証券なら販売手数料は無料!!
上記投資信託はカブドットコム証券で扱っています。
販売手数料無料のノーロードファンドも充実!オススメ証券会社
三菱UFJフィナンシャル・グループのカブドットコム証券
カブドットコム証券

スポンサード リンク



投資信託資産運用入門-投資信託基礎講座へ戻る
スポンサード リンク
無断転載・無断複製厳禁   投資信託資産運用入門  サイトマップ