投資信託資産運用入門
投資信託で資産運用!

バカにできない販売手数料

投資信託を購入したときにかかる費用が販売手数料です。
申し込み手数料ということもあります。

仲介手数料みたいなもので、同じファンドでも販売会社によって手数料が違ったりします。

ファンドマネージャーに運用を任せる投資信託(アクティブファンド)の場合、1〜3%台程度が一般的です。
たかが数%と思う人もいるかもしれませんが、これが結構大きいんです。
例えば販売手数料3%の投資信託を購入するとします。
100万円購入した場合3万円が手数料として引かれることになります。
すでにスタートの段階でさっそく3万円のマイナスです。
そう考えると結構きついですよね。

そこで、人気があるのが販売手数料無料の
ノーロードファンドと呼ばれるものです。

もちろん、手数料のかかる投資信託よりノーロードファンドの方が必ず良いというほど単純ではありませんが、販売手数料が無料というのは大きなメリットであることは間違いなく事実です。
(注:投資信託は販売手数料の他にも、ファンドの方針や特色、信託報酬、リスクや運用成績などチェックするべきところはたくさんあります。)

ノーロードファンドをチェックすることは非常に有効ですし、
少なくとも、同じファンドが販売会社によって、無料のところと手数料のかかるところで扱っているなら無料のところで購入した方がいいですよね。

例えば、人気のグローバル・ソブリン・オープン(毎月分配型)の場合、1.5%くらいの販売手数料のところが多いのですが、カブドットコム証券やコスモ証券など一部の証券会社では販売手数料無料で扱っています。
これなら、間違いなく無料のところで購入したいですよね。


グローバル・ソブリン・オープンをはじめノーロードファンドが充実!
投資信託ならカブドットコム証券がオススメ!!

三菱UFJフィナンシャル・グループのカブドットコム証券
カブドットコム証券

スポンサード リンク



投資信託資産運用入門-投資信託基礎講座へ戻る
スポンサード リンク
無断転載・無断複製厳禁   投資信託資産運用入門  サイトマップ