投資信託資産運用入門
投資信託で資産運用!

投資信託とは

『投資』というものを考えたときに何が思い浮かぶでしょうか?
『株式投資』や『不動産投資』といったものが思い浮かぶ人が多いでしょうか。そういった投資の選択肢のひとつとして『投資信託』というものがあります。

では、いったい『投資信託』というものはどういったものなのでしょうか。

投資信託とは
『不特定多数の投資家から集められた資金を1つにまとめて、専門家が管理・運用し、利益を投資家に分配・還元するもの』です。

簡単に言うと、大勢の人から集めたお金を運用のプロが私たちの代わりに運用し、儲かったらその儲けをお金を出した人に分配する投資商品のことです。


株式投資をするには株式投資の勉強をしなければいけません。
不動産投資をするには不動産の勉強をしなければいけません。
さらに、利益を上げ続けようとするなら相当な努力が必要です。

投資信託はその運用の部分を、その道のプロに任せようというものです。
もちろん投資信託ならまったく勉強しなくてもいいかというと、そんなことはありませんが、投資初心者の方でも比較的取り組みやすいのではないでしょうか。

上記にある通り、投資信託とは儲かったらその儲けをお金を出した人に分配する投資商品です。損が出ればもちろん投資したお金は減ります。
ここが、預貯金などとは大きく違います。
元本は保証されておらず、いわゆる『リスク』があるということになります。

スポンサード リンク



投資信託資産運用入門-投資信託基礎講座へ戻る
スポンサード リンク
無断転載・無断複製厳禁   投資信託資産運用入門  サイトマップ