投資信託資産運用入門
投資信託で資産運用!

アクティブ型とパッシブ型

アクティブ型ファンドとパッシブ型ファンド。
これは、投資信託の運用方法による区別です。

アクティブ運用とは、投資のプロであるファンドマネージャーに
運用を任せるタイプの投資信託です。
ベンチマーク(目標とする対象指数)を上回る運用成績を目指します。
投資信託のメリットで説明したとおり、投資のプロに運用を任せることができることが投資信託の大きなメリットですので、そういう意味から見てもまさに投資信託いう運用ですね。
ただし、次に説明するパッシブ運用に比べ信託報酬などかかるコストが高いのが一般的です。

対してパッシブ運用とは、日経平均やTOPIXなどの指数と連動するようにコンピュータを使って運用する投資信託です。
このように運用される投資信託はパッシブファンドやインデックスファンドなどと呼ばれます。
日経平均をベンチマーク(目標とする対象指数)をするインデックスファンドの場合、日経平均に連動しますから、単純に日経平均が上がれば資金は増えて、逆に日経平均が下がれば資金は減るということになります。

インデックスに連動しているのでイメージしやすいのと、
アクティブ運用に比べ手数料や信託報酬などのコストが安いというのがメリットです。

スポンサード リンク



投資信託資産運用入門-投資信託基礎講座へ戻る
スポンサード リンク
無断転載・無断複製厳禁   投資信託資産運用入門  サイトマップ